脊柱管狭窄症はリハビリで治せる|少し体操をするだけでOK

看護師

治りやすい病気

成人の方が多くなりやすい

2人の先生

鼠径ヘルニアは、産まれたばかりの赤ちゃんが先天的に持って産まれてくる病気と考えている方が多いですが、赤ちゃんだけでなく成人の方も多くなる病気です。鼠径ヘルニアとは、足の付け根の鼠径部から腸などの内臓の一部が出てくる病気で、ほとんどの場合、腸が出てくるので脱腸と呼ばれることがあります。年齢を重ねてくると筋膜が衰えてきて、お腹に力を入れると腹膜が緩んでできた隙間から、腸などが出てしまうようになります。赤ちゃんの場合は、陰嚢が降りてくるときに腸が引っ張られてなることがほとんどです。成人の場合は手術を行い治療をしますが、赤ちゃんの場合は自然と治ることもあるので急いで手術を行わず様子を見ることがほとんどです。

治療法は進化している

成人の鼠径ヘルニアは、自然に治ることはないので手術を行います。以前までは弱くなった筋膜を糸で引き寄せ縫い合わせる手術がほとんどでしたが、現在は医療の開発が進み人工補強材を使った手術を行うようになってきました。人工補強材はさまざまなものがあり、使用する時は主治医の先生と相談をして決めると良いです。人工補強材を使うと、手術を行う時に大きく切らなくても良くなり、痛みも少なく時間も短縮できます。そして同じ部分が再び鼠径ヘルニアになることを予防する事が出来ます。場所や大きさにもよりますが日帰りすむこともあります。しかし、成人の場合は違う部分が鼠径ヘルニアになる事はあります。筋膜を鍛えるのは難しいので、予防のための筋トレは無意味です。予防するためには生活習慣や食生活を整える事が必要です。