脊柱管狭窄症はリハビリで治せる|少し体操をするだけでOK

看護師

女性に多い病気の一つ

全身に症状が

患者

関節リウマチは、体中のいろいろな関節が慢性の炎症を起こしていき、腫れて痛んでくる病気です。世田谷にもこの関節リウマチにかかっている人がいます。この病気が進行してくると変形してしまい、機能障害を起こしてしまいます。老人の病気だと認識している人も世田谷には多くいます。実際の関節リウマチは、全身に症状が出る自己免疫疾患で、疲れやすく目や口が渇いたり、空咳が出たり貧血や肺炎が起こってきます。いろいろな症状が関節以外にも表れてくることはあまり知られていません。発症は40代が一番多く、発症比率は圧倒的に女性の発症が多くなっています。関節リウマチと診断されたときは、適切な治療を一刻も早く行っていくことが重要になります。

新しい薬の開発

この関節リウマチの治療方法は、飛躍的に進歩してきています。今までは進行していく関節の変形や破壊を止めることは困難で、患者は整形外科にかかることが一般的なものでした。今ではリウマチ内科を受診して、抗リウマチ薬や生物学的製剤で治す時代に変わってきています。世田谷にもリウマチ内科があり、そこで治療をしている人もいます。新しく治療をする薬が複数登場してきていて、関節の変形を食い止めることも可能になってきています。昔は不治の病的な病気だったのですが、これらの薬の開発により、病気にかかっても進行を止め痛みや変形も抑えることができるようになっています。あまり心配をすることなく、前向きにこの病気と闘っていくことが重要です。世田谷でもこの病気と闘っている人もいます。