脊柱管狭窄症はリハビリで治せる|少し体操をするだけでOK

先生

突然の病気の備える

病院

京都で脳ドックを受けるという場合には、クリニック選びから始めるようにしましょう。費用や検査項目はクリニックにより異なる場合があります。費用だけで選ぶことなく、しっかりと検査項目を確認するということも大切になります。

View Detail

治りやすい病気

2人の先生

鼠径ヘルニアは赤ちゃんがなるというイメージを持っている方がほとんどですが、赤ちゃんより成人の方がなりやすい病気です。治療には手術を行います。以前は弱くなった筋膜を糸で引き寄せ縫い合わせる方法でしたが、今は人工補強材を使って行うことがほとんどです。

View Detail

女性に多い病気の一つ

患者

関節リウマチは昔は不治の病とされ整形外科で治療を行うことが普通でしたが、今では進行や変形を抑える薬が開発され、心配がない病気になっています。リウマチ内科を受診して抗リウマチ薬で治している世田谷の人もいます。

View Detail

症状を軽減する方法

自分で行なえる運動

カウンセリング

脊柱管狭窄症は中枢神経の通り道である脊柱管がせまくなり、神経が圧迫されることによって痛みや痺れなどが発生する病気です。腰に起こる場合が多く、腰の痛みや足の痛み、足の痺れなどの症状で日常生活が大きく障害される病気です。脊柱管狭窄症に対してはリハビリが有効であるとされており、病院などの医療機関で理学療法士や作業療法士のリハビリを受けたり、自宅で体操を行なうことで症状を軽減することができます。自宅で行なう体操は非常に簡単で、仰向けになって両膝を手で抱えるようにし、息を吐きながら5秒間抱えた状態をキープするようにします。これを10回程度繰り返すだけで腰の筋肉がストレッチされ、骨盤の前傾が軽減されて症状を軽減することができます。

病気の特徴と動作の工夫

脊柱管狭窄症の特徴として間違った日常生活動作を行なうと腰に負担をかけてしまい、腰の痛みや足の痛みが悪化するということがあります。そのため、日常生活では腰に負担をかけない動作を心がけることで脊柱管狭窄症の症状の悪化を予防することが可能です。まずは高いところの荷物を持つ方法です。腕を高く上げて物を抱えるようにすると腰部が大きく後ろにそってしまいます。このような動作をすると腰部に負担がかかり、症状が悪化する原因になります。そのため、高い位置のものを取るときには台を利用し、腕を高く上げる必要がない状態で物を抱えるようにします。仕事や家事などを行う際にはどうしても立って仕事を行わないといけない場合があります。この場合も10cm程度の台のようなものを用意し、片足を上げて作業すると腰への負担を軽減することができます。このような動作はリハビリの専門職が詳しい為、医療機関にかかった際などにリハビリの専門職にアドバイスをしてもらいましょう。個人でリハビリを行なうと誤った動作をして、返って負担を大きくしてしまう可能性があるので、正しいリハビリ動作を指導してもらえるように、定期的に通院しましょう。